ECサイトの売上をBACKOFFICEから支えるサービスです。

電話代行サービス

電話代行サービス扱っている商品やターゲットにもよりますが、まだまだ電話による受注も無視できません。
当社の事例では、健康食品やアパレルのショップ様が電話窓口を設けたら売上が飛躍的に増進した、という事例がございます。電話による受注だけでなくお客様からの信頼感や満足度が上がる、という効果もあります。

弊社では複数のコールセンター事業者と提携して電話代行サービスを受注処理とセットで提供しております。

受注処理と組み合わせてアナログデータをスムーズにデジタルに変換。

電話というアナログで入ってくる情報も受注処理と組み合わせてご利用いただきますとスムーズにデジタルに変換し情報が共有されます。これは注文データだけでなく、お問合せやクレームなども例えばグループウエアなどに上げることで容易に記録として保存されます。こうした情報は受注処理に生かされお客様満足を提供するデータベースとなります。

お客様からのお問合せに対しては、管理システムにログインしてその場でお答えしますので、コールバックをするという無駄な経費がかかりません。

BtoBには特にコールセンターが有効です。

BtoB取引にはサイトで完結できず、見積もりや請求書発行などの手続きが必要となるケースが多く、お客様とのやりとりが多くなる傾向があります。お客様側もメールでのやりとりにストレスを感じることが多くあります。
BtoB取引の多いショップ様はお客様窓口としてコールセンター(カスタマーセンター)を設けると大変お客様とのコミュニケーションが良くなります。お客様からすると電話だけで注文が完結するのはとても都合が良いので、リピート購買を促進する意味でもコールセンターは効果的です。

シェアードで固定費を抑える工夫。

電話の件数と売上は比例するものではありませんが、やはり電話が多くなる=お客様が集まってきている、ということだと思います。売上の先行指標なのかもしれません。
当社のコールセンターは、数社の受電を1グループ(オペレータ2〜3名)で受ける、いわゆるシェアード方式です。オペレータを決められた時間の間貼り付けておくことは固定費になるわけですが(手待ち時間です)、これを複数社で負担していただくことで1社にかかる固定費をできるだけ削減しております。

電話代行のお見積り依頼はこちらからどうぞ。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3806-5599 受付時間:10:00 - 18:00[ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社ダイアローグ研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
PAGE TOP