ショップにとってまずクリアすべき売上額が、損益分岐点です。

損益分岐点売上高とは、利益が0円のときの売上高のことを言います。
つまり、売上高がこの額を超えれば利益が出て、この額を下回れば赤字というときの売上高とも言えます。

”利益が出る売上高”とは、”総費用を上回る売上高”ということですので、
損益分岐点売上高を知るためには、まず”費用”について考えなければならないようです。

”費用”は、その性質によって、大きく2つに分けることができます。

固定費 人件費(給与及び雇用にかかわる費用のすべて)、
地代家賃、リース費用、光熱費、設備費など
売上高の増減に関係しない費用
変動費 仕入れ、材料費、販売手数料など 売上高が増えると増える費用

売上高=固定費+変動費 となる点が損益分岐点売上高です。
売上が損益分岐点を上回ると、利益が出てきます。逆に下回ればそのショップは「赤字」ということです。

利益が出るショップは、売上が損益分岐点を上回っているショップを指しますが、損益分岐点は低いほどショップは利益を出しやすく、逆に言えばリスクの少ないショップ運営をしていることになります。そして損益分岐点を低くするには、

  • 費用のうちの変動費を減らす
  • 固定費を変動費に振り替えて費用を減らしやすくする

の2つの方法しかありません。

損益分岐点を考えずに売上を伸ばすことだけを考えたショップ運営は、費用の無駄を招きやすく不経済なショップ経営に陥りやすくなります。ショップは常に損益分岐点を把握してそれを低くするための改善を行わなわなければなりません。

 

損益分岐点売上額は次の計算で求めます。

損益分岐点売上高 = 固定費 ÷{(売上高 − 変動費)÷ 売上高 }