米アマゾンが新形態スーパー カートで精算も

アメリカアマゾンがロサンゼルス郊外に食品スーパー「アマゾンフレッシュ」を開店する、といれ発表したそうです。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020082800664&g=int

低価格と高機能のショッピングカートの導入が「ウリ」のようです。

カートには買い物をアシストする機能が取り入れ荒れていて、レジに並ばずに精算ができるようです。

 

日本ではみたことがないですが、アメリカではショッピングカートの高機能化が以前から注文されてきました。
商品の近くを通ると自動的にその商品の広告を表示させたり、レシピを表示させてクロスセリングに誘導したり、お得情報を流したりするカートは以前からありました。

近年、Caperスマート・ショッピング・カートというものが登場して、これは正しくレジに並ぶ必要のないカートを低価格で提供しています。

Caperのスマートカートでレジなしショッピングへ

 

その他にも新しいショッピングカードが誕生していて、そのコンセプトは「AmazonGoのキャッシュレス店舗への対抗」。今回のAmazon店舗は、その敵を取り入れて自らの見方にしようという戦略のようです。