Withコロナ時代の通販事情

新型コロナウイルスが消費スタイルやニーズのもたらした変化はいろいろなところで発信されているが、その中で気になったニュースを拾ってゆきます。

 

産直ネット通販の変化についての記事が共同通信から配信されていました。

コロナ禍で産地直送のネット通販急成長

記事内容に目新しいこともないし、通販全体がコロナの影響で市場拡大している中で産直通販も「拡大」していることも予想されることだけど、最後の日本総研の研究員のコメントは今後を考えるヒントになる。

「今後、スーパーに戻る人も多いだろうが、価格以外の価値を重視する消費者は、生産者、地域とのつながりを選択するだろう。都市と地方の両方に暮らす2地域居住や、出身地とのネットワーク構築などにも目が向かっていくのではないか」

今後、景気の後退が予想される中で、産直通販が消費者の中で定着するために何が必要なのか?
単にいい商品を提供するだけでは、来るだろうデフレ圧力に屈し切れないことは誰もが承知していると思う。
コロナの追い風が吹く間に、新しいマーケティング施策を出せるかどうか、産直だけではないが、通販の課題なのだろう。その具体的な動きを今後も見てゆきたいと思います。