商材を選ぶ基準について(その1)

 中江哲夫
ネットショップの成功の可否を握るのは何かと問われれば、その8割は商材にかかっている。

これは、あるEC業界リーダーの言葉ですが、確かに成功しているショップの商品は共通の特徴があると思います。ですのでネットショップに適した商材選びについて考えてみたいと思います。
*ここではあくまで資金の乏しい中小企業、個人がネットショップを新規の出店する場合の商材選びについて述べています。販促費が十分に(月、30万以上)あり、大量仕入れ(生産)が可能な企業の例ではありません。

商材選びのためのポイントを列記してみます。

  • 売る人の商品知識の有無
  • 仕入れルートの有無
  • ニーズの強さ、大きさ
  • 他店よりも安く売れるもの
  • 利幅の大きさ
  • 知名度
  • 商品が提供する機能やベネフィットのユニークネス(オリジナリティ)
  • ネットユーザーとの相性
  • 扱いやすさ(在庫、経費、取り扱いなど)
  • 希少性

いろいろ列挙できます。楽天を見ればわかりますが、ネットではすでにいろいろな商品が売られています。
全商品一覧  http://directory.rakuten.co.jp/
これを見る限り、売っていけないカテゴリーはなさそうです。

ではあなたは次の商材のうち、ネットショップの商材として扱っていいものはどれだと思いますか?

A  誰でもが知っている人気の商材

B  他のショップではあまり売っていないレアな商材

C  他のショップよりも安く売ることができる商材

次回はこの3つの商材について考えてみたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です